バラ色ローヤルゼリーは飲む美容サプリ

バラ色ローヤルゼリーは3大美容成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドと、今注目されているフラボノイド「オイゲニン」が含有している「バラの花びらエキス」を配合した飲む美容サプリメントです。

美容と健康に役に立つサプリメントとして、ロイヤルゼリーは実にいろいろな種類が作られています。

たくさんの種類の栄養素が含まれているロイヤルゼリーですが、その栄養素は40種類以上にものぼります。

美容の為には、そのさんある美容健康成分をうまく体の中に取り入れなければ、せっかくの栄養素が無駄になってしまいます。

バラ色ローヤルゼリーは、唯一女王蜂が食べる食べ物「ローヤルゼリー」がメイン成分のサプリメントです。

美容成分の代表格である「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」と今、注目されているフラボノイド「オイゲニン」が含有している「バラの花びらエキス」が配合した、飲む美容液です。

ロイヤルゼリーのサプリメントは、体に効率よく摂取できる研究開発がいかにされているかが、作る側の決め手のようです。

ロイヤルゼリーのサプリメントは独自の研究開発によって特許技術を用いて作られているものがあります。

ロイヤルゼリーに含まれる豊富な栄養分を効率よく体に取り入れることを可能にしたものがあります。

それが酵素分解ロイヤルゼリーです。

良質なロイヤルゼリーをもっと健康に役立ててもらうために作られたのがこのサプリメントです。

このサプリメントには日本人の食生活で不足しがちなカルシウムを補う卵殻カルシウムを配合しています。

ロイヤルゼリーのサプリメントには、カルシウムと相乗作用が期待される大豆イソフラボンもプラスされているものもあります。

ロイヤルゼリーのサプリメントの中には、10−ヒドロキシデセン酸というロイヤルゼリーにしか含まれていない物質がどれだけ含まれているかでその品質が決まるということに着目し研究開発されたものがあります。

ロイヤルゼリー製品には平均して10−ヒドロキシデセン酸が1〜2%ぐらい含まれていますが、10−ヒドロキシデセン酸がこの製品には5〜6%と非常にたくさん含まれています。

さらに新鮮な生ロイヤルゼリーを独自の技術で熱を加えずにフリーズドライ製法で作られているものがあります。

健康食品の中でもとくに研究開発が盛んに行われているのがロイヤルゼリーのサプリメントで、生換算で一粒中に1000mgものロイヤルゼリーが3倍濃縮で配合されているものもあります。

バラ色ローヤルゼリーのヒアルロン酸

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で私たちの体の様々なところに存在しています。

ヒアルロン酸は特に皮膚や関節、目に多く存在し、皮膚では、”真皮”という部分にヒアルロン酸が多くあり、肌の乾燥を防ぐ役割を担っています。

関節では関節液の中で関節の動きをよくする役割を、目では硝子体の緩衝作用や組織形状を維持する役割を担っています。

ヒアルロン酸は保水力が高く、皮膚の柔軟性を高める働きがあります。

ヒアルロン酸の驚異的な保水力は、ヒアルロン酸1g当り6,000ml、体の水分を保持する重要な働きをしますが加齢と共に減少し大人の皮膚に含まれているヒアルロン酸の量は赤ちゃんの20分の1といわれています。

つまり、ヒアルロン酸はお肌の保水力を維持するためには常に補給し続けなくてはいけない成分です。



バラ色ローヤルゼリーのセラミド

セラミドは、お肌の角質層を作っている細胞間脂質の約50%近くを占めている成分です。

主にセラミドは、水分の蒸発を防ぎ、肌の保湿や柔軟性を維持したり、細胞同士をつないで整列させる働きがあります。

最近では、セラミドはただの細胞膜を構成する主要成分の一つという役割だけでなく、細胞のシグナル伝達物質としての役割も持っていることがわかってきた、今注目されている美容成分の一つです。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://shop.yb51.org/tb.cgi/4

C O M M E N T


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー